小笠原を感じる映画 10

「ミクロキッズ」

監督 ジョー・ジョンストン

今観ると古くなったCG映像など時代を感じますが、監督はあのジュマンジを作った監督です。
面白いアイデアやワクワクする演出は見事です。
映画のストーリーは科学者のお父さんが作った小さくなる機械を子供達が使ってしまい、身体が小さくなってしまいます。
そこから自分のお庭が大きなジャングルと化して…

普段見えている世界が非日常になる、目線を変えれば新しいものが見えてくる発想は大切ですよね。
また僕もガイドする時はどこにワクワクが眠っているか、サプライズは起きないかなとアンテナをはっています。
それも小さい頃にこの映画ような体験をしたからかなと思います。

小笠原旅行では自然と遊んでもらい、子供達には初めての体験を、大人達には久しぶりに童心に返ってもらって楽しんでもらえたら嬉しいですね。

映画で教えてもう、大切な心持ち。
そんな遊び心が詰まった映画です。

次の記事

霧の中のVERA