小笠原にも素敵な苔があります

父島・森山歩きコース・足元に広がる世界

明日は天気になるかなと毎日天気予報と睨めっこですが、まだ快晴とはいきません。
もう数日で例年そろそろ雨の時期が終わりに近づきますが、森の中の植物たちはこれから乾燥した季節を乗り切って行かなければなりません。
そんな、亜熱帯の気候にも苔が何種類もあります。
乾燥に強く、森の中に入ると足元に絨毯のように広がっています。
もちろん、進化をして固有種に変わっている苔もみれます。
この島の暑い夏を乗り越えるように適応していったんですね。
朝露を集め、周りの木から強い光を守ってもらい生きています。
ぜひ、トレッキンコースで出会ったら、優しく触ってみてください。
どんな手触りをするのか、その時々で違ったりもするのがおもしい所の1つです。

上の写真の中には最低でも2種類の苔があります。
自分好みの苔に会いに来てくださいね。