ご挨拶

初めまして。
父島ガイドPolaris代表の川口です。
皆様、小笠原ってどんな島を想像しますか?
豊かな自然が昔のまま手付かずに残っている、と思う方もいるかもしれませんが、
実はそうではないんです。
人が定住して200年弱、徐々に人が増え、最盛期には7000人余りの人が山を開拓し点々と集落を作りました。
その短い時間の中で、自然も人もいくつもの転換期を迎えます。
また、自ら島に入って来る事が出来なかった生き物達が人の手で渡って来ました。
そして現在、沢山の人々がこの自然を守ろうと努力してくれています。
私達はエコツーリズムを通して過去から未来へ繋ぐこの島の「驚き」「力強さ」「息吹」を伝えて行きたいと考えています。

「旅は準備が一番面白い」
旅好きの私はどこに行こうかとその土地を調べ、想いを馳せている時間が何よりも好きです。
皆様もこれから小笠原旅行の事をワクワクしながら考え期待して来られると思います。
そのワクワクを超える感動を覚えてもらえるよう努力したいと思います。

今から数千年前、まだ羅針盤や海図やコンパス等の存在しなかった頃、人々は夜空に輝く星の位置を手掛かりにして航海をしていました。
これは星の航海術(スターナビゲーション)という南太平洋の伝統航海技術です。
旅人が迷わないように北の方角を教えてくる星、北極星(Polaris)の様に皆様の灯となれば幸いです。

父島ガイドPolaris
代表 川口達平