【ガイド紹介】

川口 達平(かわぐち たっぺい)

1981年兵庫県生まれ。
現在、1児の父親です。
小さい頃は野球少年でピッチャーをやっていました。
19歳の頃、四国の八八ヵ所巡礼を歩いて周り旅行が好きになります。
それからヒッチハイクで日本を周ったり、約1年間海外をひとり旅するなど、根っからの旅好きです。
前回の旅では念願だったシルクロードの繁栄地ウズベキスタン、キルギスに行ってきました。
工芸品や手芸品が素敵でお土産を買い過ぎでしまって大変でした…

そしてもう一つ好きなものと言えば「映画」です。
20代は映画作りに夢中になり、映画監督を志していました。
そんな映画好きの僕が今では映画館のない島に住んでいます。
非常に寂しいのですが、今は自然のドラマを観賞しています。
いつか島の子供達を題材にした映画を撮りたいとアイデアを温め中です。
映画以外にも、本、音楽、落語、美術館巡りが好きなので、是非面白い本や音楽があれば教えて下さい。

そして、島に来てからは朝から晩まで自然に感動しながらの島暮らし。
1年中感動する自然と、温かい人達が住んでいる小笠原。

きっと皆さまも小笠原に来るとのんびりだけど、時間が経つのが早い1日が待っている事でしょう。
星空を見上げながら今日という1日に心が満たされる、そんな島の旅行はいかがですか?
旅行や映画好きな僕が住む島、きっと皆様も気に入ってくれると思います。
そしてこの感動を皆様にお伝えしたいと思いながらガイド業を頑張っています。
僕の大好きな小笠原を気に入ってくれると嬉しいです。

PAGE TOP
電話をかける