川口 達平(かわぐち たっぺい)

1981年兵庫県生まれ。
小さい頃は野球少年で広島カープ、前田智徳の大ファン。
19歳の頃、四国の88ヶ所を歩いて周り旅行が大好きになる。
そこからヒッチハイクで日本を周ったり、約1年間、海外をひとり旅するなど、今現在でも旅行が大好き。
今年はウズベキスタン、キルギスに行ってきました。
20代は映画作りに夢中になり、映画監督を志していました。
いつか島の子供達の映画を撮りたいとアイデアを温め中。
映画だけではなく、本、音楽、落語、美術館巡りが好きです。

そして、島に来てからは朝から晩まで自然に感動しながらの島暮らし。
温かい人達が住んでいる小笠原。
この島の良い所はダイナミックな海とオタク心をくすぐる森がある所、そして家を出たら直ぐに天の川と出会える所です。
この感動を皆様にお伝えしたいと思いながらガイド業を頑張っています。
僕の大好きな小笠原を気に入ってくれると嬉しいです。